海外起業から黒船となり日本市場に参入するまで~1年目@香港 1章3話~

売上も継続的にあり300万円が大きく減ることはなく、なんとか生き残ってはいるももの
大きな商売のネタになりそうなものも見つからない、そんな状況で香港生活も5ヶ月目に
突入(8月)

ばあちゃんの初盆ということもあり、日本に戻り、
東京~実家~大阪と滞在。

東京ではアライアンス会を主催し20名前後の旧友と香港での近況のシェア、
先輩、お客様を訪問。

2年ほどお世話になっているソフトバンクの方がアカデミアの方々に声をかけてくださり、
赤坂のインドネシア料理のお店で開催された飲み会。

アカデミア初代の方々、ぼくの友達と総勢10名ほどの愉しい盛会になりました。

運命を変えた出会い、その1:小林慎和氏
(2010年グリーSGの立ち上げでシンガポールへ移住、退職後2社目の事業の立ち上げ中)

運命の出会い、その2:Rocky中瀬
(事業をいくつか展開しながら、会社を大きくするために新しく越境ECを設立)

充実した5日間を終え実家へ移動、ばあちゃんの初盆には、孫、曾孫も含め30名ほどが
集まり香港でなんとかやっているという近況報告を。

心配をしているであろう両親にも元気な姿をみせ東京に出てからも必ず帰省している
お盆の行事を終へ、次なる都市の大阪へ。

IRの仕事時代に年に3.4回営業開拓に訪れていたが2012年は東京から出ておらず、
約2年ぶりの大阪。

大阪ではニューヨーク時代で宝石商の友達、アイラッシュサロンを経営する先輩と
コテコテの大阪を満喫。

大阪かLCCで香港へ戻ると、そこには香港での地場での日常に舞い戻る。

同世代の飲み会で出会った子から紹介したい子がいると呼ばれ、セントラルを訪れたのが8月後半。
35度を越える、とても暑い日だったことを覚えている。

香港に戻っても、運命を左右する出会いが待っていた。